2019.05.16

マンC、FFP違反の疑いに対し声明を公表…「金銭的な不正は一切ない」

UEFAから調査を受けたマンチェスター・Cが声明を公表した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の基準に違反した可能性があるとして、欧州サッカー連盟(UEFA)から調査を受けたマンチェスター・Cが、16日にクラブ公式サイトで声明を公表した。

 今回行われた調査は、マンチェスター・Cが選手獲得の際に規則違反を行ったとして、UEFAのクラブ財務管理を行うクラブ・ファイナンシャル・コントロール機関(CFCB)が実施。FFP違反が発覚した場合、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権剥奪の可能性もあるとして、メディアに報じられてきた。

 UEFAは、CFCBが裁定室に調査結果を報告したことを発表。これを受けてマンチェスター・Cは声明を出し、「FFP違反となるような金銭的な不正は一切なく、ポジティブな結果が出ることに絶対的な自信がある」と公表した。

 今シーズンはチェルシーが18歳未満の海外移籍に関するFIFA規則に反したとして、今後2回の移籍市場における選手の補強を禁止する処分を受けた。チェルシーは処分の見直しを要求するも、異議は棄却されたため、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する可能性もあるようだ。仮にマンチェスター・Cが処分を受けた場合も、CASに提訴を行うことが可能で、判定が覆る可能性もある。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング