2019.05.06

「EL出場が適切なのだろう」…CL出場を逃したマンU指揮官が力不足を痛感

スールシャール
マンチェスター・Uを率いるスールシャール監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、5日に行われたプレミアリーグ第37節ハダースフィールド戦後にコメントした。同日、クラブ公式HPが発表している。

 マンチェスター・Uはハダースフィールドと1-1で引き分けたため、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場を逃すこととなった。スールシャール監督は「前半のうちに2-0にできていたら違ったシナリオになっていただろうね。しかし我々はそれができず、相手に希望を与えてしまった。杜撰なパスや判断で動きを止めてしまい、結局相手にチャンスを作られてゴールを奪われてしまった」と試合を振り返った。

「もちろん選手たちは皆がっかりしている。それはCLの出場機会を失ったからだけでなく、シーズンを通してあまり良くなかったからだ」

 また、スールシャール監督は今日の試合結果を踏まえて「6位は妥当な結果」としたうえで、「私たちは不可能だと思われていたCLの出場機会を獲得するチャンスはあった。3位や4位につく機会はたくさんあったが、我々にはそれらを活かせなかった。つまり、来シーズンはヨーロッパリーグ(EL)出場が適切なのだろう」と現実的なコメントを残している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング