2019.04.27

トッテナム、新本拠地で初の敗戦…ウェストハムの堅守を崩せず無得点

マイケル・アントニオ
決勝点を挙げたアントニオ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第36節が行われ、トッテナムウェストハムと対戦した。


 チャンピオンズリーグ出場権争いで優位に立っているトッテナムは、前節のブライトン戦で劇的な決勝点を決めたクリスティアン・エリクセンらがスタメン入り。一方4試合勝利から遠ざかっているウェストハムはセンターバックをイッサ・ディオプとファビアン・バルブエナの組み合わせに変更した。

 前半からトッテナムがボールを保持する展開が続くがなかなか決定機を作り出すことができない。一方のウェストハムは前線のスピードを生かしたカウンターから手数をかけずにフィニッシュへ持ち込んでいく。

 トッテナム・ホットスパー・スタジアムでは公式戦4試合連続で無失点を継続してきたトッテナムだったが、ついに新スタジアムでは初となる失点を許してしまう。67分、右サイドでボールを受けたマルコ・アルナウトヴィッチのが中央に浮き球のパスを送ると、走り込んだマイケル・アントニオが巧みなトラップから逆サイドネットに叩き込んだ。

 トッテナムはフェルナンド・ジョレンテとフィンチェント・ヤンセンという2人のストライカーを投入して攻勢に出るが肝心のフィニッシュに持ち込めず。逆にカウンターからアントニオやフェリペ・アンデルソンにゴールを脅かされるが、ことごとくウーゴ・ロリスの好セーブに救われた。

 90+4分、ファン・フォイスのクロスをエリア内でフリーとなったヤンセンがヘディングで合わせるが、ゴールライン上でバルブエナがクリア。最後まで集中を切らさなかったウェストハムが1点を守り切り、1-0で勝利を収めた。一方トッテナムはチャンピオンズリーグ準決勝に向けて痛い敗戦を喫した。

【スコア】
トッテナム 0ー1 ウェストハム

【得点者】
67分 0-1 マイケル・アントニオ(ウェストハム

【スターティングメンバー】
トッテナム(4-4-2)
ロリス;フォイス、アルデルヴァイレルト、サンチェス、デイヴィス;エリクセン、ダイア-、デレ・アリ(85分 ワニアマ)、ローズ(77分 ヤンセン);ルーカス・モウラ(66分 ジョレンテ)、ソン・フンミン

ウェストハム(4-3-3)
ファビアンスキ;マスアク、バルブエナ、ディオプ、フレデリックス;ライス、ノーブル(85分 オグボンナ)、スノッドグラス(77分 オビアング);アントニオ、アルナウトヴィッチ(80分 ルーカス・ペレス)、アンデルソン

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング