FOLLOW US

ソン・フンミン、トッテナム移籍の過去を明かす「退団したかった」

ソン・フンミンはトッテナム退団を検討していたようだ [写真]=Getty Images

 韓国代表MFソン・フンミントッテナム移籍を決断した当時を振り返り、コメントを残した。4日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 ソン・フンミンは2015-16シーズンにレヴァークーゼンからトッテナムへと加入。移籍したシーズンは合計40試合に出場し、8ゴール5アシストを記録した。その後も活躍を続け、今ではトッテナムで公式戦出場数は通算175試合となり、63ゴール35アシストを記録している。

 同選手はトッテナム移籍について次のように語った。

「加入したシーズン、僕は退団寸前まで追い詰められていた。クラブを離れて、違う所でプレーしたかった。マウリシオ・ポッチェティーノ監督のオフィスまで行って、ドイツ復帰を希望していると伝えたんだ」

「でも、監督は僕のことを信じてくれた。本当に心から感謝しているよ。4年間ポッチェティーノ監督のもとでサッカーができて本当に幸せだ。彼のおかげで僕の夢が叶ったと言っても過言ではない」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO