2019.02.03

アーセナルがラビオ獲りを検討? エメリ監督がPSG時代の教え子に関心

エメリ、ラビオ
エメリ監督(左)とラビオ(右)がアーセナルで再タッグ? [写真]=Icon Sport via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス人MFアドリアン・ラビオの獲得を検討しているようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が2月2日付で報じている。

 同紙によると、昨シーズンまでPSGを率いていたウナイ・エメリ監督が教え子であるラビオの“大ファン”であるといい、その動向を注視しているという。同選手は今シーズン限りでPSGとの契約が満了を迎えるため、今夏の移籍市場ではフリーで獲得可能だ。エメリ監督は激しいプレーを求められるプレミアリーグとの相性を見計らっているとのことである。

 ラビオを巡っては、長らくの間バルセロナからの関心が伝えられていた。しかし、バルセロナはアヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得することが決定済み。そのため、すでにラビオへの関心を失っているとのことで、アーセナルはリヴァプールやトッテナムと獲得を争うことになると見られている。

 果たして、エメリ監督とラビオの“再タッグ”結成は実現するだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る