FOLLOW US

「可能性が、一縷の望みがある限り…」メッシ、同胞サラの捜索継続を願う

メッシ(左)がサラ(右)の捜索継続を求めた [写真]=Getty Images

 ナントからカーディフ・シティに移籍したアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラを乗せた小型飛行機が消息不明となっている事故について、現地警察は24日に捜索の打ち切りを決めた。しかし、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは捜索継続を懇願している。

 メッシは25日、自身の公式インスタグラムのストーリーにサラの写真を投稿。そこには同胞の捜索を打ち切らないよう求めるメッセージが添えられていた。

「可能性が、一縷の望みがある限り、エミリアーノの捜索をやめないでほしい。彼の家族、そして友人たちを僕は全力で支えるよ」

 サラの捜索打ち切りが決まって以降、メッシ以外にも多くの選手たちが捜索継続を願うコメントを出している。生存の可能性は低いという見方が強くなっている中、メッシら奇跡を信じる者の思いは届くだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA