FOLLOW US

バレンシアがチチャリートにオファーも…ウェストハムは売却を望まず

バレンシアが獲得を狙うチチャリート [写真]=Getty Images

 バレンシアウェストハムに対し、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデス獲得のオファーを提示したようだ。25日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 J・エルナンデスはプレミアリーグ第23節終了時点で15試合に出場しているが、先発出場の機会はわずか7試合に限られている。J・エルナンデスは更なる出場機会を求めて今冬の移籍を模索しており、得点力不足に苦しむバレンシアが獲得に名乗りを挙げたようだ。J・エルナンデスはかつてレアル・マドリードでプレーしていたためリーガ・エスパニョーラへすぐに適応できると見られており、既にバレンシアは800万ユーロ(約10億円)のオファーをウェストハムに提示したという。

  しかし、ウェストハムにJ・エルナンデスを売却する意思はないようだ。オーストリア代表FWマルコ・アルナウトヴィッチの中国移籍が現実味を帯びてきており、ストライカーの2選手を同時に放出することは危険だと考えていることが理由だという。1200万から1400万ユーロ(約15億から18億円)のオファーが届いた場合のみ、売却を考慮する予定だと報じられている。

 バレンシアを率いるマルセリーノ・ガルシア・トラル監督は今回の移籍報道について、「チチャリート(J・エルナンデスの愛称)は今冬の獲得候補の1人だ。彼は今シーズン多くの出場機会を得られていないから、バレンシアに移籍したがっている。でも、状況は複雑だ」とコメントしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA