FOLLOW US

アーセナル、センターバック2選手が負傷…コシェルニーは顎骨折か

マンU戦で顔を負傷したコシェルニー [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 FAカップ4回戦が25日に行われ、アーセナルはマンチェスター・Uとホームで対戦し、1-3で敗れた。この試合では元フランス代表DFローラン・コシェルニーとギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスが負傷交代しているが、ウナイ・エメリ監督が試合後に両選手の状態について語っている。イギリスメディア『BBC』が同日付で伝えた。

 この試合でエメリ監督はセンターバックにコシェルニーとソクラティスを起用したものの、16分にソクラティスが相手選手と競り合った際に左足首を痛め、早くも交代を余儀なくされてしまう。56分にはコシェルニーが顔を負傷し、こちらも交代に。両センターバックがケガでピッチを後にする結果となった。試合後、エメリ監督は2人の負傷について言及。軽傷であることを願っている。

「(コシェルニーは)顎が折れているかもしれない。そうでないことを祈るけれど、彼は今病院に向かっている。報告を待つよ」

「ソクラティスは足首を痛めた。重傷でないことを祈っている。2人とも大きなケガでなければいいが…」

 アーセナルの守備陣では、スペイン人DFエクトル・ベジェリンが左ひざ前十字じん帯断裂で今シーズン絶望となっている。コシェルニーとソクラティスも長期離脱となれば、台所事情はさらに苦しくなりそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA