FOLLOW US

トッテナム、負傷のアリも3月上旬まで離脱へ…前線の駒不足が深刻に

アリが3月上旬まで離脱へ [写真]=Action Plus via Getty Images

 トッテナムは22日、負傷したイングランド代表MFデレ・アリの診断結果について発表した。

 アリは20日に行われたプレミアリーグ第23節・フルアム戦に先発出場したものの、86分に負傷交代していた。検査の結果、左ハムストリングを痛めた同選手は3月上旬までの離脱が決定。これからリハビリに入るという。

 現在、トッテナムはケガ人が続出している。エースの同代表FWハリー・ケインは左足首のじん帯を損傷し、こちらも3月上旬までの離脱が決定。フランス代表MFムサ・シソコもハムストリングの負傷で全治2週間となっている。また、同クラブは韓国代表FWソン・フンミンがAFCアジアカップUAE2019に出場しており、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は前線のやりくりに苦労することとなりそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO