FOLLOW US

クロップ監督、1点を守り抜いたチームを称賛「勝ち点3に相応しい」

クロップ監督は選手たちを称賛した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第22節が12日に行われ、リヴァプールブライトンに1-0で勝利した。

 エジプト代表FWモハメド・サラーが50分に決勝弾となったPKを決めてリヴァプールは試合に勝利。公式戦連敗数を「2」でストップさせ、リーグ優勝へまた一歩近づいた。

 クラブを率いるユルゲン・クロップ監督は選手たちを次のように称賛した。

「素晴らしい展開だった。ディフェンダーが守りづらい、ペナルティーエリア内でのドリブルは当然の選択だ。サラーはポジショニングが良かったし、シュートもありだった」

「(セネガル代表FWサディオ・)マネも(ブラジル代表FWロベルト・)フィルミーノも良かった。1-0になった後も成熟した試合運びで相手も守備に苦労していた」

「フィルミーノが声をかけ、マネを高い位置に置いた。あれこそ最大の守備だ。みんな頑張ったし、勝ち点3に相応しい戦いだった」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO