2019.01.05

グアルディオラ監督、リヴァプール戦での行動が問題に…FAが警告

グアルディオラ監督
審判に怒りをあらわにしたグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督がFA(イングランドサッカー協会)から警告を受けた。イギリスメディア『スカイスポーツ』が4日報じている。

 1月3日、マンチェスター・Cはプレミアリーグ第21節でリヴァプールと対戦。タイトルレースを繰り広げる上で大事な一戦でマンチェスター・Cは2-1で勝利。勝ち点差を「4」に詰める重要な白星を挙げていた。

 そして今回、グアルディオラ監督のタッチライン際での行動に対してFAが警告を行った。同監督は同試合の終盤でリヴァプールの選手のファールに対し笛が鳴らされなかったことに関して激昂。首に巻いていたスカーフを地面に投げ、第4審に対しファール判定の要求を叫んでいた。

第4審に詰め寄るグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images

 この結果、グアルディオラ監督はFA規則の第一段階の警告を与えられた。なお、さらに3つの警告を受け取った場合は、1試合のベンチ入り禁止処分を受けることとなる。

 マンチェスター・Cは6日、FAカップ3次ラウンドでロザラム・ユナイテッド(2部)と対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング