2019.01.04

「少し不運だった」…クロップ監督、マンCに敗北も「まだ良い位置にいる」

ユルゲン・クロップ
マンチェスター・C戦を振り返ったクロップ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、プレミアリーグ第21節・マンチェスター・C戦を振り返った。リヴァプールの公式HPを通じてコメントを残している。

 プレミアリーグ第21節が4日に行われ、リヴァプールはマンチェスター・Cとアウェイで対戦。一時は同点に追いつくも1-2で敗北した。この結果、リヴァプールは21戦目にして初めての黒星をつけた。試合後、クロップ監督は次のようにコメントしている。

「我々はまだ良い位置にいるから、全てが問題というわけではない。現時点では、試合結果は悪かったと感じているが、そのように感じるのは今だけだ」

「相手はかなり強力だった。マンチェスター・Cはボールを奪ってからのカウンターが強烈だったね。だが、マンチェスター・Cに負けたのは今回が始めてではないから驚きはない。少し不運だった」

 リヴァプールは17勝3分1敗で勝ち点「54」と首位をキープ。マンチェスター・Cとは勝ち点差「4」となっている。次節、ブライトンとアウェイで22日に対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング