FOLLOW US

二重にめでたい! 1月1日が誕生日のサッカー選手たち

1月1日が誕生日のサッカー選手たち [写真]=Getty Images

 2019年1月1日。新しい年のはじまりを祝う今日、誕生日を迎えるサッカー選手が世界には存在する。ある誕生日占いによると、1月1日生まれの人は「自己主張が強く、負けず嫌い。目標達成のためには自力で努力して前進し、確実に運を勝ち取っていく一匹狼タイプ」が多いという。占いが当たっているかはさておき、今回は元日生まれのプレーヤーたちを紹介しよう。

*カッコ内は(生年月日/国籍/所属クラブ/ポジション)

写真=Getty Images

パオロ・ゲレーロ

(1984年1月1日/ペルー/インテルナシオナル/FW)

パオロ・ゲレーロ

コパ・アメリカで2度の得点王に輝き、ペルー代表の歴代最多得点記録を持つストライカー。過去には、バイエルンやハンブルガーSVでプレーした。ロシアW杯に出場後、ブラジルのインテルナシオナルに加入したが、ドーピング違反による出場停止処分の凍結措置が解除されたため、いまだ公式戦デビューを果たせていない。

スティーヴン・デイヴィス

(1985年1月1日/北アイルランド/サウサンプトン/MF)

スティーヴン・デイヴィス

サウサンプトンと北アイルランド代表の両方でキャプテンを務める真のリーダー。30代半ばに差しかかり、クラブではベンチを温める試合が増えてきたものの、ピッチに立てば攻守両面でハードワークを惜しまない。ユーロ2016では、初の国際大会出場ながらベスト16進出という快挙を成し遂げた。

アブドゥライェ・バ

(1991年1月1日/セネガル/ラージョ・バジェカーノ/DF)

アブドゥライェ・バ

ポルト・ユース出身で、フェネルバフチェや1860ミュンヘンでのプレー歴も持つセネガル人センターバック。昨季、ラージョ・バジェカーノに加入すると、シーズン後半戦にレギュラーの座を掴みとり、1部昇格に貢献した。2メートル近い長身を武器に、空中戦では圧倒的な存在感を見せる。

ジャック・ウィルシャー

(1992年1月1日/イングランド/ウェストハム/MF)

ジャック・ウィルシャー

昨季まで17年間にわたってアーセナルに在籍した天才レフティー。元スペイン代表MFシャビ・エルナンデスも認める才能の持ち主だが、度重なるケガに見舞われて今季からウェストハムに活躍の場を移した。なお、1992年1月と言えば、プレミアリーグが創設する1カ月前のことになる。

アブドゥライエ・ドゥクレ

(1993年1月1日/フランス/ワトフォード/MF)

アブドゥライエ・ドゥクレ

U-21フランス代表歴を持つ中盤のダイナモ。昨季はプレミアリーグで37試合出場7得点を記録し、ワトフォードのシーズンMVPに輝いた。評価急上昇中で、昨夏の移籍市場ではマンチェスター・Uやリヴァプールが、今冬の移籍市場ではパリ・サンジェルマンが獲得に名乗りを挙げている。

ジョン・フラナガン

(1993年1月1日/イングランド/レンジャーズ/DF)

ジョン・フラナガン

リヴァプール・アカデミー出身の右サイドバック。21歳でイングランド代表デビューを果たすなど将来を嘱望されていたが、5年前にひざに重傷を負い、長期離脱を余儀なくされた。今季から大先輩のスティーヴン・ジェラード氏が監督を務めるレンジャーズに在籍。新天地で完全復活を目論む。

サルダル・アズムン

(1995年1月1日/イラン/ルビン・カザン/FW)

サルダル・アズムン

“イランのメッシ”という愛称で親しまれるアジアトップレベルのストライカー。ロシアでプロデビューを果たし、昨年夏のワールドカップにも出場した。母親が中傷を受けたとして、大会終了後に代表引退を電撃発表。イランサッカー協会から説得を受けて、数カ月後には復帰を決断したが、世界中に衝撃を与えた。

アンドレアス・ペレイラ

(1996年1月1日/ブラジル/マンチェスター・U/MF)

アンドレアス・ペレイラ

ブラジル人の父とドイツにルーツを持つ母のもとベルギーで生まれ、オランダのPSVで育ったあと、16歳の誕生日にマンチェスター・Uへの正式入団が決まったという異色のキャリアの持ち主。「自分はブラジル人」だとして、U-20からブラジル代表を選択。昨年8月にセレソンデビューを果たした。

マフムド・ダフード

(1996年1月1日/ドイツ/ドルトムント/MF)

マフムド・ダフード

シリア生まれドイツ育ちのセントラルMF。ボールコントロールの上手さに加えて、ドリブルやパスも水準以上。守備にまわっても、豊富な運動量と当たりの強さでチームを助ける。各年代別のドイツ代表に名を連ね、2017年に行われたU-21欧州選手権では優勝を経験。近い将来のA代表入りが期待される選手の一人である。

チドジー・アワジーム

(1997年1月1日/ナイジェリア/ポルト/DF)

チドジー・アワジーム

ポルトガルの名門ポルトが発掘した新たな才能。昨季はフランスのナントで武者修行を経験し、本職のセンターバックに加えて左右のサイドバックでもプレーした。2016年にナイジェリア代表に初招集。出場機会こそなかったが、ロシアW杯の最終メンバーにも選出された。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO