2018.12.29

バイエルン、ライバルの“先例”にならってチェルシーの新生FW獲得に興味

ハドソン・オドイ
チェルシーに所属するハドソン・オドイ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンがチェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン・オドイの獲得に興味を示しているようだ。イギリス紙『デイリー・メール』が28日に報じている。

 同メディアよるとバイエルンは1月の移籍市場での獲得を目指しており、移籍金として1300万ポンド(約18億円)を準備しているという。一方のチェルシーは同選手をクラブ下部組織の最高傑作と見なしており、移籍する場合には買い戻すことが可能な条項を付与することを希望しているようだ。

 ドルトムントは昨夏、マンチェスター・Cからハドソン・オドイと同い年のFWジェイドン・サンチョを獲得し、イングランド代表にも上り詰めた同選手は現在ブンデスリーガで首位を走るチームの攻撃を牽引している。また、アーセナルからホッフェンハイムへレンタル移籍中の同国U-19代表FWリース・ネルソンもドイツの舞台で躍動しており、このような成功の“先例”もバイエルンの方針に影響しているようだ。

 マウリツィオ・サッリ監督から高評価を受けながらもリーグ戦の出場は1試合に留まっているハドソン・オドイはどのような決断を下すのだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る