2018.12.17

オリンピアコス退団のY・トゥーレ、恩師との再会を求めプレミア復帰か

トゥーレ
ペジェグリーニ監督(左)が率いたマンチェスター・Cは2013-14シーズンにプレミアリーグ優勝を果たした [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 11日にオリンピアコス(ギリシャ)との契約解除が発表された元コート・ジボワール代表MFヤヤ・トゥーレがプレミアリーグ復帰を望んでいるという。16日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 トゥーレは2010年にマンチェスター・Cに移籍。2013-14シーズンではリーグ戦で20ゴールをマークし、同クラブのプレミアリーグ優勝に大きく貢献した。当時クラブの指揮官を務めていた、ウェストハムのマヌエル・ペジェグリーニ監督との再会を望んでいるとのこと。

 同選手は既に中国やアメリカからのオファーを断っており、プレミアリーグ復帰を強く希望している模様。しかし、ペジェグリーニ監督はウェストハムの中盤に満足しており、トゥーレ獲得は優先事項ではないと述べていた。

 一方、ドーピング検査の結果により出場停止処分を受けていた元フランス代表MFサミル・ナスリもウェストハムのトレーニングに参加している。同選手もペジェグリーニ監督を頼りにプレミア復帰を望んでおり、トゥーレもかつての同僚と同じような形を取る可能性もあるという。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る