2018.11.16

プレミアリーグが来季からVARを導入へ…各クラブとの基本合意を発表

VAR
来季からVARを導入することで基本合意したプレミアリーグ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグは15日、2019-20シーズンからビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を導入することで基本合意したことを発表した。



 プレミアリーグの公式HPによると、「プレミアリーグのクラブは2019-20シーズンからVARを導入することで基本合意した。今日行われた会議で、プレミアリーグ全20クラブに対して、VARに関する最新の情報を共有。FAカップやカラバオ・カップ(フットボールリーグ・カップ)、さらには世界中のリーグで得られたVARの情報について詳細に議論を交わした」として、「今季の残り試合では、複数の試合が同時に行われる土曜日の午後を中心に、引き続き試験的な使用を続けていく」ことを明らかにした。

 プレミアリーグは今後、国際サッカー評議会(IFAB)と国際サッカー連盟(FIFA)に申請し、承認を得て正式に来季からのVAR導入が決定する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る