FOLLOW US

エジル代理人、アジアからオファーがあったと明かす「クレイジーな金額」

2018年2月にアーセナルと契約を延長したMFエジル [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルの代理人が、アジアからのオファーを断っていたことを明かした。イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が13日に伝えている。

 エジルは2018年2月にアーセナルとの契約延長を発表。週給はクラブ史上最高額の35万ポンド(約5200万円)と報じられている。しかし、同誌によると、エジルはアジアのクラブから週給100万ポンド(約1億4800万円)のオファーを受け取っていたようだ。

 エジルの代理人を務めるエルクト・ソグト氏は「破格のオファーがアジアからあった。クレイジーな金額だったよ。しかし、エジルにとってお金が全てではなかった。もちろん、金額は考慮する必要がある。商業的なインパクトは重要だからね」と明かした。

 また、「他のクラブと契約することも自由だったが、エジルはアーセナルを愛している。彼は『ここが僕のホームだ。ここにいたい』と言っていたよ」と、アーセナル残留の理由はクラブへの愛情であったことをコメントした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO