2018.11.10

ヴェンゲル氏、自身の今後について言及…レアルに「現時点でノーと言えない」

ヴェンゲル
自身の今後について言及するヴェンゲル氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセン・ヴェンゲル氏が、自身の今後の指揮官就任について言及した。スペイン紙『アス』が報じている。

 ヴェンゲル氏はアーセナルを22年率い、今夏限りで退団した後フリーとなっている。同氏は、10月下旬に「2019年の初めにサッカーに復帰したい」と発言し、ミラン指揮官就任報道が出た。しかし、「報道は間違っている」と本人は真っ向から否定。

 今回、同氏は「レアルマドリードからは何も接触が無い」と前提を置いた上で、同クラブからの指揮官就任の話に「現時点でノーとは言えない」と話した模様。さらに、「まだ未来について決断を下していない。1月には、私が何をすべきか決めるだろう」と続けた。

 ヴェンゲル氏は、1996年まで名古屋グランパスの指揮官を務めたのち、アーセナル指揮官に就任。22年間でプレミアリーグ制覇に3度導き、一時代を築いた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る