2018.11.07

マティッチ、ポピーの花を着けなかった理由を綴る「戦争の思い出は…」

ネマニャ・マティッチ
ポピーの花を着けなかったマティッチ(中央) [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチは、自身のインスタグラムでポピーの花を着けない理由を明かした。

 英国の4カ国(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)に住む人々は、11月11日の英霊記念日にポピーの花を洋服等につける。プレミアリーグでも選手などがユニフォームにポピーの花のマークを着用している。

 マティッチは、3日に行われたプレミアリーグ第11節ボーンマス戦に先発出場。しかし、同選手のユニフォームには、ポピーの花があしらわれていなかった。この理由をマティッチは「個人的な選択」と綴った。

View this post on Instagram

I recognise fully why people wear poppies, I totally respect everyone’s right to do so and I have total sympathy for anyone who has lost loved ones due to conflict. However, for me it is only a reminder of an attack that I felt personally as a young, frightened 12-year old boy living in Vrelo, as my country was devastated by the bombing of Serbia in 1999. Whilst I have done so previously, on reflection I now don't feel it is right for me to wear the poppy on my shirt. I do not want to undermine the poppy as a symbol of pride within Britain or offend anyone, however, we are all a product of our own upbringing and this is a personal choice for the reasons outlined. I hope everyone understands my reasons now that I have explained them and I can concentrate on helping the team in the games that lie ahead.

A post shared by Nemanja Matic (@nemanjamatic) on

「人々がポピーの花を着けている理由はわかってる。私は、全ての人の権利を尊重し、紛争により愛する人を失った方に同情します」

「1999年、私が12歳のときに住んでいたヴレロは爆撃により荒廃していた。私にとって戦争の思い出はそのことだけです。その反動で、今はポピーの花をユニフォームに着けることが正しいとは思っていない」

「英国の象徴であるポピーの花を傷つけたり、誰かを怒らせたいわけではない。我々はそれぞれの教育を受けてきた。このような理由に基づいた個人的な選択だ」

「この理由を理解してくれることを願っている。そうすれば、この後に控える試合でチームを助けることに集中できる」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る