2018.11.05

リヴァプールMFミルナー、アーセナル戦の引き分けは「反省点が多かった」

ミルナー
ミルナーはアーセナル戦で先制点を決めた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールの主将を務める元イングランド代表MFジェイムズ・ミルナーは3日に行われたプレミアリーグ第11節について反省のコメントを残した。5日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 アーセナル対リヴァプールの上位対決は、両者勝ち点を分ける形で終わった。ミルナーは61分にゴールを決めて、リヴァプールに敵地での貴重な先制点をもたらした。しかし、82分に今シーズン好調ぶりを見せているフランス人FWアレクサンドル・ラカゼットが同点弾を決めて、試合は1-1で終了。

 ミルナーはアーセナル戦について次のように語った。

「僕たちは勝ち点3を持ち帰ることができずにとても残念だ。残念な思いをすることから学ぶことも多いから、そういう意味では良い経験になったよ。反省点の多い試合でもあった」

「後半を1-0でリードしていたにもかかわらず、最後まで守りきれなかったのはとても残念なことだ。より組織的な守備をする必要があると感じたよ。チャンスも決めきるべきだった」

「チャンスを作れたのは良かったが、自分たちにプレッシャーをかけすぎてしまったことでゴールに繋がらなかったのは勿体無い。次につなげたいと思う」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る