2018.11.05

ウィリアン、バルサ行きが再浮上? マルコムとのトレード移籍が濃厚

ウィリアン
バルセロナはウィリアンの獲得に関心を示している [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナはチェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアンの獲得を再度希望しているようだ。同選手は今夏の移籍市場でもスペイン移籍が噂されていた。5日にイギリス紙『メトロ』が報じた。

 チェルシーは今夏の移籍市場でバルセロナからウィリアンに対するオファーを受けるも、売却を拒否した。提示された移籍金は5500万ポンド(約81億円)だったという。

 しかし、バルセロナは同選手の獲得を諦めていないとのこと。ウィリアンの代理人と交渉を再開し、獲得実現へと動いている模様だ。バルセロナはブラジル人MFマルコムとのトレード移籍を視野に入れているとのこと。

 マルコムは今夏の移籍市場でボルドーからバルセロナへと移籍したものの、出場機会の獲得に酷く苦しんでおり、退団をも希望しているようだ。チェルシーも以前から同選手の獲得に関心を示していたこともあり、トレード移籍の可能性が濃厚とされている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る