2018.11.03

「後半のキング」と「前半のキング」が激突!…“ビッグ6”直接対決前に知っておきたい7つのこと

3日、プレミアリーグでアーセナルとリヴァプールが対戦する [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 3日に行われるプレミアリーグ第11節では、4位アーセナルと2位リヴァプールが対戦する。注目の上位対決について、知っておきたい7つのことを紹介する。

【好調同士の一戦】
順位が示すように、好調をキープするチーム同士の対戦になる。ホームのアーセナルは、10月28日に行われたプレミアリーグ第10節のクリスタル・パレス戦で公式戦連勝が「11」でストップしたものの、ここ13試合連続で負けがない。対するリヴァプールも、今季はリーグ開幕6連勝を達成。昨年5月以来、リーグ戦では無敗を貫いている。どちらも良い状態で試合を迎えるだけに、好ゲームが期待できるだろう。

【勝敗の鍵を握る両ストライカー】
ゴールラッシュが予想される試合で鍵を握るのが、両ストライカーの出来だろう。アーセナルのピエール・エメリク・オーバメヤンは今年1月にドルトムントから加入。2月にプレミアリーグデビューを果たした。以来、23試合に出場して17ゴールを記録。同期間でこれより多いゴールを決めた選手は、リヴァプールのモハメド・サラー(18得点)しかいない。プレミア屈指の点取り屋である2人の戦いにも注目だ。

[写真]=Getty Images


【後半1位vs前半1位】
開幕10試合を終えて、順位表の上では2つしか差がない両チーム。だが、その戦いぶりは実に対照的だ。前半45分間の成績を見ると、リヴァプールは1位であるのに対して、アーセナルは17位。0勝8分け2敗と、今季はリードしてハーフタイムを迎えた試合が1つもない。しかし、後半45分間の成績になると、アーセナルはトップに立つ。ここまで後半に挙げた得点「18」はリーグ1位だ。“前半のキング”リヴァプールが逃げ切るのか、あるいは“後半のキング”アーセナルが盛り返すのか。終了のホイッスルが鳴るまで目が離せない。

【ビッグ6との直接対決】
昨季、“ビッグ6”の直接対決を苦手とした両チームの対戦になる。アーセナルは10試合でわずか1勝(3分け6敗)、リヴァプールも2勝(4分け4敗)を挙げるにとどまり、それぞれワースト1位、ワースト2位だった。しかし今季はここまで、アーセナルが2戦2敗、リヴァプールが3戦して1勝2分けと、明暗が分かれている。直接のライバルを叩くのは、果たしてどちらになるだろうか。

【打ち合い必至】
両チームが対戦するときはゴールラッシュが期待できる。公式戦の過去47対戦でスコアレスドローは1試合のみ。プレミアリーグにおいては、過去5回の対戦で27ゴール、つまり1試合平均5.4ゴールが生まれている。昨年12月の前回対戦でも、52分からの388秒間で両チーム合わせて4ゴールを記録。最終的には3-3のドローで終わった。今回も壮絶な戦いとなること必至だ。

【過去に1度だけ対戦】
アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督と、リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、公式戦で過去に1度だけ対戦したことがある。エメリ監督がセビージャを率いてリヴァプールと対戦した2015-16シーズンのヨーロッパリーグ決勝だ。クロップ監督にとっては、リヴァプールでの初タイトルが懸かったゲームだったが、1-3で敗戦。2年ぶりの対戦でリベンジを果たせるだろうか。

[写真]=Getty Images


【予想オッズは?】
イギリスの大手ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』は、この試合の勝敗予想オッズを発表。日本時間2日18時時点で、アーセナルの勝利には「3.4倍」、リヴァプールの勝利には「2.05倍」、そしてドロー決着には「3.75倍」のオッズがついている。戦前の予想では、リヴァプールの方が優勢だと見られているようだ。実際、リヴァプールはプレミアでのこのカード、最近6試合に負けなし。クロップ監督就任後は一度も黒星を喫したことがないのだ。相性の良さは今回も発揮されることになるだろうか。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング