2018.10.24

チェルシー、DFリュディガーとも契約延長か…最終ラインの要として高く評価

アントニオ・リュディガー
チェルシーに所属するリュディガー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーは契約延長に近づいているようだ。イギリス紙『デイリー・メール』が23日に報じている。

 昨夏にローマから5年契約で加入したリュディガーはまだ現行契約が3年以上残っているが、クラブは同選手を最終ラインの要と評価しており、現在の週給10万ポンド(1456万円)からの大幅な昇給を含んだ新契約を締結する見通しだという。チェルシーは24日にスペイン代表DFマルコス・アロンソとの契約を2023年まで延長している。

 リュディガーは今シーズンここまで全9試合に出場。20日のマンチェスター・U戦では先制点を記録していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る