2018.10.18

ポグバへの非難は「移籍金によるもの」…仏代表の同僚が擁護「不公平な評価」

ポグバ、ロリス
ポグバ(左)をロリス(右)が擁護 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスは、マンチェスター・Uの同代表MFポール・ポグバが適切に評価されていないとの見解を示した。イギリス紙『デイリーミラー』が17日付でロリスのコメントを伝えている。

 ポグバは、2016年夏に移籍金1億500万ユーロ(当時のレートで約119億円)でユヴェントスからマンチェスター・Uに完全移籍した。ロリスは、この金額によってバイアスがかかっていると考えているようだ。同選手は「彼(ポグバ)はイギリスでステータスを有しているが、おそらくそれは彼の移籍金によるものだ。時々、人々は彼を不公平に評価する」と語り、度々非難を受けるポグバに同情している。そして、ロリスはポグバの働きぶりを称賛した。

「マンチェスター・Uにおける彼のパフォーマンスは、人々が言うような悪いものではまったくない。我々が予想していたよりも悪い成績のチームの一員であることは事実だが、それでもなお彼らは非常に強いチームだ。重要な局面に彼はいる」

 ロリスから擁護のコメントを受け取ったポグバだが、代表ウィーク明けのプレミアリーグ第9節・チェルシー戦ではどのようなプレーを見せるだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る