2018.10.13

出場機会の少なさに不満のマンUバイリー、来夏の退団を考慮…移籍するなら国外か

エリック・バイリー
マンチェスター・Uに所属するバイリー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uに所属するコートジボワール代表DFエリック・バイリーは移籍を考慮しているようだ。アメリカメディア『ESPN』が12日に報じている。

 同メディアによると、バイリーは出場機会の少ない現状に満足しておらず、今シーズンこの状況が続いた場合には移籍を辞さない構えのようだ。その場合トッテナムやアーセナルが新天地候補だと同メディアは報じている。一方マンチェスター・U側はバイリーが退団を強く望まない限りは売却するつもりはなく、特にプレミアリーグのライバルクラブへの移籍は許可しない方針のようだ。

 現在24歳のバイリーは2016年にビジャレアルから4000万ユーロ(約52億円)の移籍金でマンチェスター・Uへ移籍。昨シーズンまでの2年間ではプレミアリーグ合計38試合に出場し、1得点を記録。今シーズンはここまで5試合に出場している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング