2018.10.04

英代表サウスゲート監督、2022年まで契約延長へ…W杯で28年ぶり4強に導く

サウスゲート監督
イングランド代表をFIFAランク4位以内へ導くことを期待されるサウスゲート監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イギリスメディア『スカイスポーツ』は10月3日、イングランド代表のガレス・サウスゲート監督が、イングランドサッカー協会(FA)と2022年までの契約延長に口頭合意したと報じた。

『スカイスポーツ』によると、現在48歳のサウスゲート監督は10月7日には新契約にサインする予定だという。新契約では、サウスゲート監督が2018年のFIFA ワールドカップ ロシア大会で28年ぶりに同国を4強に導いたことを踏まえ、給料が約50%増額されるという。

 FA会長のマーティン・グレン氏は、ロシアW杯で大躍進を遂げた一方でイングランド代表を未完成と見ており、サウスゲート監督のリーダーシップのもと、FIFAランキング4位以上を目指すことを目標としているようだ。

 なお、サウスゲート監督は10月4日に記者会見を行い、10月中旬のインターナショナルウィークに招集する同代表メンバーを発表する予定。

 イングランド代表は10月12日にクロアチア代表と、15日にスペイン代表とUEFAネーションズリーグで対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る