FOLLOW US

クロップ、負傷交代のファン・ダイクについて言及「深刻ではないはず」

サウサンプトン戦で負傷交代したファン・ダイク [写真]=Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、22日のプレミアリーグ第6節・サウサンプトン戦で負傷交代したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの状態について言及した。クラブ公式HPが伝えている。

 サウサンプトン戦に先発出場したファン・ダイクは、3-0で迎えた55分にイングランド代表DFジョー・ゴメスと途中交代していた。肋骨のあたりを押さえて痛がる様子を見せていたが、クロップ監督曰く重症ではない模様である。

「パリ・サンジェルマン戦の前から肋骨にあざがあったんだ。かなり痛みがあったようだが、今日の試合でもう一度その部分を打ってしまった」

「良いことではないけれども、深刻ではないはずだ。たぶん何も問題ないだろう。別の情報を聞いてはいない」

 リヴァプールはこの後26日のカラバオカップと29日のリーグ第7節でチェルシーと、10月3日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でナポリと、10月7日にリーグ第8節でマンチェスター・Cと対戦する。手強い相手との対戦が続く中、守備の要であるファン・ダイクの一刻も早い復帰が待たれるところだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO