FOLLOW US

マネ、少年時代の秘話を明かす「両親はサッカーが時間の無駄だと…」

リヴァプールでプレーするFWマネ [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネが、自身のサッカー人生を振り返った。イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が13日に伝えている。

 現在26歳のマネは、フランスのメスでプロデビュー。2016年にはサウサンプトンからリヴァプールへ加入。昨シーズンはリーグ戦29試合に出場し、10ゴールを記録。今シーズンから背番号「10」を着用している。

 マネは、サッカー選手になる夢を両親に否定された過去を明かした。

「親は僕を教師にしようとしていた。サッカーなんて時間の無駄だと考えていたんだろうね。でも、僕はいつも『サッカーは家族の助けになる唯一の仕事なんだ』と言っていた」

「僕たちは田舎暮らしで、周りにサッカーで成功した人がいなかったから、家族は僕の意見に反対だったよ。初めてプロ契約を結んだ日まで反対され続けたね」

「僕はサッカー選手になる夢を諦めなかった。その夢に全てを捧げたよ。家族も観念して僕を応援してくれた。今では、家族を誇らしく思っているよ」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA