2018.09.11

「アレオラの方が上」…チェルシーのコーチがフランス代表GKを語る

ウーゴ・ロリス、アルフォンス・アレオラ
W杯のトロフィーを持つロリス(左)とアレオラ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのGKコーチを務めるクリストフ・ロリション氏が、トッテナムに所属するフランス代表GKウーゴ・ロリスとパリ・サンジェルマンに所属するフランス代表GKアルフォンス・アレオラについて語った。イギリス紙『デイリーエクスプレス』が11日に伝えている。

 現在31歳のロリスは、2012年夏にリヨンからトッテナムに加入し、守護神として活躍している。また、2018 FIFAワールドカップ ロシアではフランス代表の主将として6試合に出場し、20年ぶり2回目となる優勝に貢献した。

 ロリション氏は、人々はロリスを過大評価しているとコメント。ロリスのファンは「夢の世界で生きている」と語り、アレオラを高く評価した。

「私は、アレオラの方が実力的に上だと考えている。高さや足技などのあらゆる面で素晴らしい。アレオラが、フランス代表のベストなGKだと思っている」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る