2018.09.09

チェルシー、DFケーヒルに出場機会を与えずも…1月での退団は許可せず

ケーヒル
ケーヒルは1月でチェルシーを退団する可能性がある [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イングランド代表DFガリー・ケーヒルは1月にチェルシー退団を図っている模様だ。8日にイギリス紙『サン』が報じた。

 ケーヒルは新たに就任したマウリツィオ・サッリ監督の元で公式戦出場を記録しておらず、1月の移籍市場でクラブを離れることが複数メディアにより濃厚とされている。

 同僚のブラジル人DFダビド・ルイスは長期離脱を挟んだ上に、アントニオ・コンテ元監督から信頼を失い試合出場回数が激減していた。しかし、サッリ監督の元で再度出場機会を得ている。そんな中今シーズン、ピッチに立てていないケーヒルは移籍を希望しているようだ。

 しかし、チェルシーはケーヒルを1月に退団させることはないという。同クラブはケーヒルの経験値を評価しており、若手選手の手本となるようにクラブ在籍を望んでいる模様。一方、ケーヒルは出場機会が保証されない限りチェルシーに残留することはないとのこと。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る