2018.09.07

ジョルジーニョ、マンCと個人合意もチェルシーを選択? 代理人が語る

ジョルジーニョ
ジョルジーニョは今夏ナポリからチェルシーに移籍した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するイタリア代表MFジョルジーニョは今夏の移籍市場で、ナポリから同クラブへと移籍した。マンチェスター・C移籍が成立したと報じられていたが、同選手は最終的に恩師のマウリツィオ・サッリ監督を追う形でチェルシーに加入した。その理由を同選手の代理人が語っている。7日にイギリス紙『メトロ』が報じた。

 同紙によるとマンチェスター・Cとジョルジーニョは既に個人合意に至っていたとのこと。しかし、最終的にナポリと移籍金の合意に至ることができず、交渉は破断。そのタイミングでチェルシーからジョルジーニョの獲得について問い合わせがあったという。

 ジョルジーニョの代理人は次のように語った。

「ジョルジーニョはマンチェスター・Cに加入する予定だった。だが、最終的に移籍金に関する合意に至ることがなかったため、交渉はなかったことになった」

「それを聞きつけたチェルシーがサッリ監督との契約を結び終えたタイミングだったので、そのままジョルジーニョごと獲得しようという話になった」

「彼は今ロンドンで満足な生活を送っているよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る