2018.08.20

早くも今季初黒星のマンU…モウリーニョ監督はミス連発を嘆く

ジョゼ・モウリーニョ
ミス連発を嘆いたモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、19日に行われたプレミアリーグ第2節のブライトン戦後に試合を振り返った。クラブ公式HPがコメントを伝えている。

 マンチェスター・Uは、ブライトンに2点を先行され、ベルギー代表FWロメル・ルカクのゴールで1点差に迫ったものの、PKを与えてしまい前半で3失点。試合終了間際、フランス代表MFポール・ポグバがPKを決めたが、時すでに遅し。2-3で敗れ、開幕2戦目で早くも今季初黒星を喫した。

 試合後モウリーニョ監督は、「あまりにもミスが多かった」と自分たちのミスが大きな敗因となったことを語った。

「あれだけミスをすると、代償は受けるものだ。3点目を取られたことで、逆転するのはとても難しくなってしまった。ハーフタイムや後半には修正しようと試みたが選手たちは自信を失ってしまっていた。こちらのミスから1点ずつ加えていけば、ブライトンのようなチームには喜びと自信を与えてしまうものだ。彼らは勝利に値したと思う」

「もし、選手個人のパフォーマンスについて話したら、メディアや解説者の人たちは大抵私を批判する。それは全く望んでいないから、そのような質問はしないでくれ。選手たちが素晴らしいパフォーマンスをした時ならば、喜んでそのことについて語るが、それができないのであればそっちへと誘導しないでほしい」

 また、試合前には何も明かされなかったが、ベンチにも入らなかったチリ代表FWアレクシス・サンチェスの欠場理由についても語った。

「私はよく知らない。検査結果を待たなければいけないが、彼は少し問題を抱えているようだ。でも、大きな問題ではないと思う。1週間か長くても2週間で復帰できると思っている」

 次節、マンチェスター・Uは27日にホームでトッテナムと対戦する。

20日13時54分、記事中に「ハダースフィールド」と誤って表記していたのを「ブライトン」と訂正いたしました。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る