2018.08.01

プレミアリーグに新制度か、違反行為をした場合は監督にもレッドカード

プレミアリーグの主審
監督、コーチにもレッドカートを提示できるようになった審判 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イギリスでは2018-19シーズンから、違反行為をした監督、コーチにもイエローカード、レッドカードが提示される。1日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 今シーズンにおいて、プレミアリーグではテクニカルエリアで監督、またはコーチが違反行為をした場合は口頭による警告のみが行われる。しかし、FAカップ、フットボールリーグ、EFLカップ、EFLトロフィー、ナショナルリーグでは、カードを提示されることが決まった。

 以前では、監督やコーチが深刻な違反をし、退場をさせるまで審判には口頭での警告しかすべがなかった。カードの対象となる行為は、審判への不適切な言葉やジェスチャー、ボトルを蹴る、投げる、皮肉な拍手などがある。違法行為の結果、累積警告がたまった場合は、その後のいくつかの試合で指揮できなくなる処分が科せられる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング