FOLLOW US

レアル、ロペテギ監督の初陣は黒星に…エレーラ決勝弾でマンUが勝利

マンUがレアルを下した [写真]=Getty Images

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018が1日に行われ、マンチェスター・Uレアル・マドリードが対戦した。

 先手を取ったのはマンチェスター・Uだった。18分、アンデル・エレーラのスルーパスに抜け出したマッテオ・ダルミアンの折り返しをアレクシス・サンチェスが決める。続く27分にはフアン・マタのクロスをサンチェスが頭で落とすと、最後はエレーラが流し込んで追加点。

 対するレアルは前半終了間際の45分、サイドを駆け上がったテオ・エルナンデスがクロス。最後はカリム・ベンゼマが流し込み、1点を返す。後半はトニ・クロースやイスコら主力選手を投入し、同点弾を狙ったがスコアは動かず、試合は2-1で終了した。

 マンチェスター・Uはラストマッチを勝利で飾った。一方のレアルはフレン・ロペテギ監督の初陣で勝利ならず。ICC次戦は5日、イタリア王者ユヴェントスと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 2-1 レアル・マドリード

【得点者】
1-0 18分 アレクシス・サンチェス(マンチェスター・U
2-0 27分 アンデル・エレーラ(マンチェスター・U
2-1 45分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA