FOLLOW US

ラカゼットがオーバメヤンとの“共存”に意欲「良い関係を築けている」

オーバメヤン(左)とラカゼット(右)の関係は良好のようだ [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 アーセナルのフランス人FWアレクサンドル・ラカゼットは、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンと良好な関係を築いているようだ。そして、“共存”に意欲を見せている。

 ラカゼットは昨夏、アーセナルの新たな得点源として加入し、背番号「9」を与えられた。ただ、最終的にはリーグ戦14ゴールをマークしたものの、その期待に完全に応えたとは言えず。その実力を疑問視する声もたびたび見られ、シーズン途中でアーセナルはオーバメヤンを獲得した。

 それでも、ラカゼットはオーバメヤンをライバルとは見なしていない様子だ。同選手は「オーバメヤンが僕の近くでプレーしてくれるのはやりやすい。彼が前にいても左にいてもお互いにとって良いことだと思う」と語り、共存は可能だとしている。そして、「以前まで彼のことは知らなかった。フランスでは敵同士だったからね。でも、アーセナルに来てからは良い関係を築くことができている」と続け、両者の間に何も問題がないことを強調した。

 パリ・サンジェルマンと対戦した28日のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018で、ラカゼットは2ゴールをマーク。存在感を示している。このままウナイ・エメリ監督にアピールを続け、自身の価値を見せつけたいところだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO