FOLLOW US

クルトワ流出に備えるチェルシー、W杯で大活躍のピックフォード獲得に照準か

イングランド代表の守護神としても活躍しているピックフォード [写真]=Getty Images

 チェルシーが、エヴァートンに所属するイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードの獲得を狙っているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が、27日付で報じている。

 同メディアによると、昨シーズンまでチェルシーの正GKとして活躍してきたベルギー代表GKティボー・クルトワにレアル・マドリードへの移籍の噂がある中、ピックフォードがその代役としてのトップターゲットにあるとのこと。

 ピックフォードを手放す気はないエヴァートンの徹底抗戦が予想されるとしながらも、チェルシーにとっては同選手の優先順位がデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルや、イングランド代表GKジャック・バトランドといった他の代役候補を上回っていると伝えている。

 現在24歳のピックフォードはサンダーランドで若くして正GKの座をつかむと、昨夏に移籍したエヴァートンでも初年度から守護神として活躍。リーグ戦では全38試合に出場して完全に定位置を手中に収め、大型補強を敢行しながらなかなか状態の上がらなかったチームにあって孤軍奮闘していた。

 この活躍を受けて2018 FIFAワールドカップ ロシアではイングランド代表の正GKを託されると、大舞台でも臆することなく好セーブを連発し、母国の躍進に大きく貢献してみせる。とりわけ準々決勝のスウェーデン代表戦ではマン・オブ・ザ・マッチに輝く大活躍を見せてチームを勝利へ導く立役者となり、イングランド代表にとって28年ぶりとなるベスト4入りの原動力のひとりにもなっていた。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA