FOLLOW US

アリソン獲得について語るクロップ監督「大金だが、クレイジーな金額ではない」

アリソン(左)の獲得劇について語ったクロップ監督(右) [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、今夏に獲得したブラジル代表GKアリソンについてコメントを残した。地元紙『リヴァプール・エコー』が、27日付で報じている。

 リヴァプールアリソン獲得に向けて投じた移籍金は、GK史上最高額となる6700万ポンド(約98億5700万円)に達するとも報じられている。

 しかし、クロップ監督は大手メディア『ESPN』に対して、アトレティコ・マドリードのスロベニア代表GKヤン・オブラクを例に出しながら次のように語り、これは決して過大な投資ではないという考えを示している。

「誰もがこの移籍金は大金だと思っているだろうし、実際これは大金だ。だが、彼はなにもクレイジーな金額で移籍したわけではないんだよ」

「オブラクの条項を例に取ってみよう。彼の獲得にかかる金額は1億ユーロ(約129億2000万円)だ。大したものじゃないか!今年、ゴールキーパーというポジションにおいて、いくつかの出来事が起こっているのは明らかだ。獲得できる選手の中で最高のプレーヤーを得ようとするのは、我々にとっての仕事の一部だよ」

「ゴールキーパーの市場は他のポジションとは異なるものだ。毎年全ての選手が獲得可能となるわけではないし、選手の特長についてもそれと同じことが言えるからね」

 一方、クロップ監督は昨シーズンにリヴァプールのゴールマウスを守ったドイツ人GKロリス・カリウスと、ベルギー代表GKシモン・ミニョレについても言及。アリソンの加入で厳しい立場となることが予想される両選手だが、指揮官はそれぞれの実力を称賛するコメントを残している。

「我々は現在のゴールキーパー陣に本当に満足しているよ。シモン・ミニョレについて疑いの余地はない。大きなクオリティ、完全にプレミアリーグでも最高レベルのクオリティを誇っている。ロリス・カリウスについてもそれと同じことが言えるよ」

「確かに、我々はチャンピオンズリーグ(CL)の決勝で何が起こったのかを知っている。しかし、それが今回の件と関係ないことも同様に知っているんだ。それが理由ではない。我々は真剣に欲したんだ。以前には保有していなかった選手をね。正直なところ、それがアリソン獲得の際に起こったことさ」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA