2018.07.24

プレシーズンマッチで勝利に貢献…今後に期待を抱かせるチェルシーの3選手

チェルシー
新シーズンへ期待を抱かせる選手達 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 いよいよ新シーズンに向けたプレシーズンマッチが始まり、チェルシーは初戦を勝利で飾った。マウリツィオ・サッリ監督の初陣では、新戦力と若手に加えて、昨シーズン活躍できなかった選手が躍動。1試合終わっただけなのでまだ断定はできないが、今後に向けて期待を抱かせる選手を紹介する。



■ジョルジーニョ(MF/26歳)

ジョルジーニョ

サッリ監督がナポリから引き抜いた“愛弟子”は早くも存在感を発揮し始めた [写真]=Getty Images

 新監督がナポリから連れてきた“愛弟子”は、4-3-3のワンボランチの位置に入り、出場した前半45分間で101回ボールに触り、98本のパスを通した。ワンタッチ、ツータッチのパスでリズムを生み出すプレースタイルは昨シーズンのチェルシーにはなかった要素で、シンプルなパス交換からボール保持率を上げて相手を攻め立てるスタイルを標榜するサッリ監督にとって、外せないピースになるはずだ。

■カラム・ハドソン・オドイ(FW/17歳)

オドイ

チェルシーのユースが輩出した才能ある選手の1人で、サポーターからの期待も大きい [写真]=Getty Images

 昨シーズンにトップチームデビューを飾った17歳の新鋭。先発出場すると、持ち味のドリブルで左サイドを突破し、ペドロのゴールをお膳立てするなど結果を出した。プレーがワンパターンになりがちなのは課題だが、パスの精度を上げて球離れを良くすれば、さらに怖い存在となるはずだ。

■ロス・バークリー(MF/24歳)

バークリー

ケガで苦しんだ1シーズン目の悔しさを払拭するように、プレシーズンマッチでは溌剌としたプレーを披露 [写真]=Action Plus via Getty Images

 1月にチェルシーへ加入した後すぐにハムストリングを負傷してしまい、そのまま出場機会を与えられず、リーグ戦2試合の出場にとどまった。しかし、同試合では前半は攻撃的MFとして、後半は左ウィングとしてプレーするだけでなく、フィジカルを生かしたドリブル突破とボールを持ったらゴールを目指す積極性を見せつけた。このまま好調を維持すれば、レギュラー定着を狙える。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る