2018.07.21

アンリ氏が英2部で監督業をスタート? アストン・ヴィラが招へい検討

アンリ
アストン・ヴィラがアンリ氏の招へいを検討している [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アストン・ヴィラ(イングランド2部)が、かつてアーセナルなどで活躍した元フランス代表FWティエリ・アンリ氏を監督候補に挙げているようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が20日付で報じている。

 財政難に陥っていたアストン・ヴィラは、NSWE社が新たな資本として経営に参入することを20日に発表した。同社は、エジプト人実業家のナセフ・サウィリス氏の手掛けるNNSグループと、ビジネスマンであるウェズ・イーデンス氏が共同で保有している。

 同紙によると、サウィリス氏がスティーヴ・ブルース監督に代わる新指揮官の招へいを検討しており、その候補としてアンリ氏を考えている模様だ。アンリ氏は2016年8月よりベルギー代表のコーチを務め、2018 FIFAワールドカップ ロシアでもチームに帯同していた。同大会終了後の16日には、自身の公式ツイッターで監督業への本格的な挑戦を明言しており、サウィリス氏とアンリ氏の双方にとって好都合な状況である。

 フランスの“レジェンド”・アンリ氏は、アストン・ヴィラで監督としてのキャリアをスタートさせるのだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る