2018.07.18

仏代表MFフェキル、リヴァプール移籍が再浮上…リヨン退団が濃厚か

フェキル
リヴァプール移籍が再浮上しているフェキル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヨンに所属するフランス代表MFナビル・フェキルは、以前交渉が破談したリヴァプール移籍が再浮上している模様だ。17日にイギリス紙『メトロ』が報じた。

 フェキルは2018 FIFA ワールドカップ ロシア開幕前に、リヴァプール移籍に備えてメディカルチェックを行った。移籍を目前としていたが、同クラブはフェキルが以前負った右膝のケガに懸念を抱き、移籍は実現しなかった。

 しかし、同紙によるとリヴァプールはフェキルの獲得を諦めたわけではないという。

 リヨンの会長を務めるジャン・ミシェル・アウラ氏はフェキルの状況について次のように語っている。

「リヴァプールはまだフェキルの獲得を狙っている様子だ。少なくともメディアはそう騒いでいる。とは言え、私が直接何かを聞いたわけではない」

「しかし、移籍直前に比べてフェキルはよりクラブと密な関係になったと感じる。ワールドカップも集中してプレーできたと思う。だが、退団の可能性もあることを我々は覚えておかなくてはならない」

「フェキルはリヴァプール以外のクラブからもオファーが来る、魅力的な選手だ。彼がリヨンに留まろうと、他のクラブへ移籍しようと成功することは間違いない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る