2018.07.08

クロップ監督がレンタルから復帰のスタリッジを称賛「多くの良い点が見て取れた」

クロップ、スタリッジ
スタリッジ(右)のプレーを称賛したクロップ監督(左) [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、同チームに所属するイングランド人FWダニエル・スタリッジについてコメントを残した。地元紙『リヴァプール・エコー』が、8日付で報じている。

 2013年1月にリヴァプールへと加入したスタリッジは、同クラブで公式戦133試合に出場して63得点を記録してきた。しかし、ここ数年は毎シーズンのようにケガに悩まされており、2017-18シーズンは前半戦を終えた段階で、9試合に出場して2得点という成績に終わっていた。

 スタリッジは再起を期して1月29日にウェスト・ブロムウィッチ(WBA)へのレンタル移籍を決断したが、ここでもケガに苦しみ6試合の出場で無得点と活躍を見せられず。レンタル期間の終了に伴いリヴァプールへと復帰したものの、同選手の今後は不透明となっていた。

 しかし、スタリッジは7日に行われたチェスターとのフレンドリーマッチで後半頭から途中出場すると、45分間で2ゴールを決めて7-0の大勝に貢献。優れた得点感覚が健在であることを示すとともに、首脳陣へのアピールにも成功している。

 チームを率いるクロップ監督は次のようにコメントを残し、スタリッジのプレーからポジティブな印象を受けたことを明かしている。

「ダニエルからは多くの良い点が見て取れた。私にインパクトを与えるため、彼はより多くのことを行えるだろう。だが、彼のクオリティについては既に私も知っているからね」

「彼はとてもポジティブな1週間を過ごしていたし、今日は本当に良く見えた。我々は彼が(試合に)入ってからフットボールができるようになったんだ。そういうものだよ」

 スタリッジはクロップ監督の就任初年度となった2015-16シーズンに、ケガから復帰して以降は主力としてチームに貢献を果たしていた。さらに、同シーズンのヨーロッパリーグ(EL)の決勝戦では先制ゴールも記録している。この実績を鑑みても、指揮官の戦術との相性は決して悪くはないことがうかがえる。同選手は苦闘を強いられた昨シーズンの悪夢を振り払い、再び重要な戦力として輝きを放つことができるだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
46pt
バルセロナ
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング