2018.05.28

ドルトムントDF、アーセナル加入決断か…移籍金めぐるクラブ間交渉へ

パパスタソプーロス
アーセナル移籍を決断したと報じられたパパスタソプーロス [写真]=TF-Images/Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 MF香川真司のドルトムントに所属するギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスが、アーセナル移籍を決断したようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が15日に報じている。

 以前から移籍の可能性を取り沙汰されていたパパスタソプーロス。15日付の同誌は「来シーズンまでとなっている契約延長に応じることなく、ドルトムントを後にする決断を下したようだ」と報道し、退団が有力であることを伝えていた。そして移籍先候補にはアーセナルやセリエAのクラブが挙げられていた。

 そして今回、パパスタソプーロスがアーセナル移籍を決断したと報じられた。ただ、クラブ間の合意には至ったいない模様で、移籍金1500万ユーロ(約19億2000万円)を用意するアーセナルに対して、ドルトムント側は1800万ユーロ(約23億1000万円)を求めているようだ。同選手の現行契約は来シーズン限りとなっており、ドルトムントが移籍金を得られるのは今夏が最後となる。今後はクラブ間交渉が行われることになるだろう。

 パパスタソプーロスは1988年生まれの29歳。AEKアテネ、ジェノア、ミランを経て2011年にブレーメンへ移籍した。2013年からはドルトムントでプレーし、ブンデスリーガでは通算130試合出場7得点を記録。ギリシャ代表でも活躍を続けている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る