FOLLOW US

ウェストハムの新指揮官にペジェグリーニ監督が浮上か…近日中に交渉と英紙報道

現在は河北華夏を率いているペジェグリーニ監督 [写真]=VCG/VCG via Getty Images

 16日にデイヴィッド・モイーズ監督との契約満了を発表したウェストハムが、新指揮官としてマヌエル・ペジェグリーニ監督の招へいに動いているようだ。イギリスメディア『イブニング・スタンダード』が報じている。

 同メディアによると、現在は中国スーパーリーグの河北華夏を率いているペジェグリーニ監督はヨーロッパへの復帰を熱望しているようで、今後数日以内にウェストハムのデイヴィッド・サリヴァン会長と直接対談する予定があるとしている。

 また、同メディアはチリ出身ながらアルゼンチンのサン・ロレンソやリーベルプレートでの指導歴も持つなど、南米と欧州の双方で指揮官として成功を収めてきたペジェグリーニ監督がチームに加わるようであれば、リヴァプールが興味を持っているとも報じられているアルゼンチン代表MFマヌエル・ランシーニをチームに留めるための助けとなるかもしれないとしている。

 南米において豊富な指導キャリアを誇っていたペジェグリーニ氏は、2005-06シーズンにビジャレアルをチャンピオンズリーグのベスト4に、2011-12シーズンにはマラガをリーガ・エスパニョーラの4位にそれぞれ導くなど、欧州に活躍の場を移してからも優れた手腕を発揮することで自らの地位を確立してきた。

 2013年にはマンチェスター・Cの監督へと就任すると、プレミア初挑戦となった2013ー14シーズンにプレミアリーグとキャピタル・ワン・カップの2冠を達成。3シーズンにわたって同クラブの指揮を執ったペジェグリーニ監督は、2016年にもキャピタル・ワン・カップを制するなど、イングランドにおいても指導者として確かな成功を収めている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA