2018.05.12

ララーナが最終節で戦列復帰へ…クロップ監督も信頼「ブランクがあっても彼は彼」

ララーナ
既にチームのトレーニングに復帰しているララーナ [写真]=Liverpool FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、同クラブに所属するイングランド代表MFアダム・ララーナの状況について語った。クラブの公式サイトが伝えている。

 今シーズンの前半戦はハムストリングの負傷でほとんどの試合を欠場していたララーナだったが、ケガが癒えた12月中旬ごろからは途中出場が大半ではあったものの、徐々に出場機会を増やしつつあった。

 しかし、ララーナは3月31日に行われたプレミアリーグ第32節のクリスタル・パレス戦において、途中出場からわずか5分で負傷交代を強いられる事態に。同選手はこの試合で再びハムストリングを痛めてしまい、またしても戦線離脱を余儀なくされていた。

 シーズンを通して故障に泣かされ続けたララーナだったが、クロップ監督は同選手の回復が順調に進んでいることを明かし、13日に行われるプレミアリーグ最終節のブライトン戦には起用できる可能性が高いという見通しを示している。

「アダムはこの1週間、通常通りにトレーニングをこなしていた。昨日も同じさ。長い間サッカーから離れてはいたが、それでもアダムはアダムだ。率直に言って、彼はすっかり大丈夫そうに見えるよ」

「完璧な出来事は、今やほんの数分で始まっていくものだ。我々には、それが行えるチャンスがあるかどうかを見ていく必要がある。私に言えるのは、彼は可能な限りフィットしているということだ」

 一方、クロップ監督は背中の負傷で戦列を離れているドイツ代表MFエムレ・ジャンにも言及。契約が今シーズン限りとなっていることから移籍の噂が絶えない同選手だが、指揮官はケガと契約の双方において新たな出来事は起こっていないと強調している。

「治療とリハビリの両面において、新しいことは何もない。仮に我々が何かしらに同意していたとしたら、貴方は既にそれを知っていただろう。これまで同じ状況さ」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング