2018.05.09

サウサンプトン、残留がほぼ確実に! 18位スウォンジーとの直接対決制す

サウサンプトン
残留に大きく前進したサウサンプトン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 未消化だったプレミアリーグ第31節が8日に行われ、スウォンジーとDF吉田麻也所属のサウサンプトンが対戦。吉田は出場停止処分により欠場した。

 今シーズンも残り2試合となったプレミアリーグ。この試合は、残留争いをしている17位サウサンプトンと18位スウォンジーの直接対決となった。

 前半は両チーム共にシュートの形までは持っていくものの、両GKを中心に守り切りスコアレスドローのまま折り返す。

 試合が動いたのは72分。ドゥシャン・タディッチのCKを味方2人が頭で繋いでチャーリー・オースティンがシュートを放つ。これはGKに阻まれたものの、こぼれ球を途中交代で入ったマノロ・ガッビアディーニが押し込み、サウサンプトンが待望の先制点を挙げる。

マノロ・ガッビアディーニ

貴重な先制ゴールを決めたガッビアディーニ [写真]=Getty Images

 意地を見せたいスウォンジーだったが、最後までゴールを割ることはできず、試合はこのまま0−1で終了。サウサンプトンが残留へ大きく前進する勝利を収めた。

 これにより、最終節でサウサンプトンが敗れ、降格圏内の18位スウォンジーが勝利したとしても、現在の得失点差である「9」を逆転されなければサウサンプトンの残留が決定する。なお、この結果、19位ウェスト・ブロムウィッチの降格が決定した。

 最終節は13日、サウサンプトンはホームでマンチェスター・Cと、スウォンジーはアウェイで降格が決定しているストークとそれぞれ対戦する。

【スコア】
スウォンジー 0−1 サウサンプトン

【得点者】
0-1 72分 マノロ・ガッビアディーニ(サウサンプトン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る