FOLLOW US

降格決定のWBA、ムーア暫定監督がプレミア月間最優秀監督を受賞

ウェスト・ブロムウィッチのダレン・ムーア暫定監督 [写真]=Getty Images

 ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)を率いるダレン・ムーア暫定監督が、4月度のプレミアリーグ月間最優秀監督賞を受賞した。

 ウェスト・ブロムウィッチは、4月に行われたリーグ戦全4試合を2勝2分の無敗で切り抜けた。特に、16日に行われたマンチェスター・U戦ではプレミアリーグ2位相手に得点を許すことなく、完勝をみせた。また、22日に行われた3位リヴァプール戦では、試合時間残り約10分で2ゴールを奪い、ドローに持ち込んでいた。

 ウェスト・ブロムウィッチは公式戦9連敗を喫したタイミングでアラン・パーデュー前監督との契約を解消。4月からはアシスタントの一人であるダレン・ムーア氏が、暫定監督を務めていた。

 ムーア監督はクラブの公式ホームページで以下のようにコメントした。

「(受賞は)とても嬉しい。そして、このクラブに関係する人たち全員が努力した。私は賞を得たためにここに立っているが、今言ったように、ウエスト・ブロムウィッチ全員で努力している]

「クラブ関係者全員が一体となって、選手たちの試合でのパフォーマンスを助けてくれた。最近の4〜5週間の結果は悪くない。このようなパフォーマンスが長く続けたい」

 ウェスト・ブロムウィッチは現在勝ち点「31」でプレミアリーグ19位。8日、18位スウォンジーと17位サウサンプトンとの一戦でサウサンプトンが勝利したため、ウェスト・ブロムウィッチの降格が決定した。

 暫定監督ながらプレミアリーグ月間最優秀監督賞を受賞したムーア監督は、13日に行われる最終節クリスタル・パレス戦に向けて準備を進めている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO