2018.05.08

エジル、背中の負傷で残りの試合を全休へ「W杯までには万全の状態に戻る」

エジル
バーンリー戦をスタンドから見守ったエジル [写真]=Arsenal FC via Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は6日、ドイツ代表MFメスト・エジルが残りのシーズンを全休する可能性があると明かした。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

 ヴェンゲル監督はプレミアリーグ第37節でバーンリーに5-0で快勝したあと、欠場したエジルについて言及。「再び背中に問題を抱えている」と明かし、「どれくらい離脱することになるのか? それはまだわからないよ。ただ残りのシーズンで再びオプションになるとは考えていない」と話した。

 今シーズン限りで退任するヴェンゲル監督のホーム最終戦を観客席で観戦していたエジルは、背中の問題により、リーグ戦は4月1日のストーク戦を最後にピッチから遠ざかり、ヨーロッパリーグ(EL)でのみ出場を続けていた。だが、そのELもアトレティコ・マドリードに敗れて準決勝で敗退。今後はクラブで実戦から離れて、ドイツ代表への参加を待つ流れとなるようだ。

 なお、アトレティコ戦のTV解説者を務めていたアーセナルOBの元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏は、試合後にエジルを痛烈に批判し、「もう今シーズン、彼がプレーすることはないだろう」とコメント。それが結果的には、的を射た発言となっている。

 同選手は7日にTwitterにて「背中の問題で欠場となったことは残念だ」と投稿し、「しばらく時間が必要になるけど、でもワールドカップまでには万全の状態に戻ると確信している」と述べた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る