2018.04.27

グアルディオラ監督、アーセナルの監督候補に挙がる部下と元同僚に太鼓判

アルテタ、エンリケ
アーセナルの新監督候補に挙がっているアルテタ氏(左)とエンリケ氏(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、アーセナルの新指揮官候補に挙がっている2名の人物についてのコメントを残している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が、27日付で報じた。

 アーセナルは20日、約22年間にわたってチームの指揮を執ってきたアーセン・ヴェンゲル監督が今シーズン限りで退任することを発表した。後任候補として、現在マンチェスター・Cでアシスタントコーチを務めているミケル・アルテタ氏や、かつてバルセロナの監督としてチャンピオンズリーグ(CL)を制したルイス・エンリケ氏らの名前も報じられている。

 グアルディオラ監督は自らの部下としてプレミアリーグ制覇にも貢献したアルテタ氏に対して称賛を贈ると共に、現役時代にアーセナルで主力として活躍した同氏の指導者としての資質に太鼓判を押している。

「ミケルに対する私の見解は圧倒的なものだ。彼は最高という言葉に値する。彼と共に仕事をするのは快適だよ。ミケルがここにいてくれたことこそが、今シーズンに我々が成功を収められた理由のひとつでもあるんだ」

「アーセナルの次期監督候補に多くの名前が挙がっていることは分かっているが、私は彼らの計画を知っているわけではないのでね。ミケルは、彼が望むすべてのものに値すると思うよ」

 また、グアルディオラ監督は自身の現役時代にバルセロナでチームメイトとして共に戦ったエンリケ氏にも言及。自らと同じく古巣の監督としてCL制覇を成し遂げた手腕を称え、同氏ならば世界中のどのクラブでも監督が務まるという見解を示している。

「彼は素晴らしい監督だ。彼は自らが望むところならどこへでも行けるだろうし、もちろんアーセナルは世界で最も大きなクラブの1つでもあるからね」

 自らと関係の深い2人の能力を称賛し、名門アーセナルの監督としても通用するという見解を語ったグアルディオラ監督。アーセナルの新指揮官に任命されるのは、はたしてどのような人物となるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る