FOLLOW US

FA杯決勝進出に貢献したジルー、先制点は「スキーみたいだった」

FA杯準決勝で先制点を挙げたジルー [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、華麗な先制点の場面を冗談交えて振り返った。イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

 22日に行われたFAカップ準決勝でDF吉田麻也所属のサウサンプトンと対戦したチェルシー。後半立ち上がりの46分に、DF3人とGKをかわして右足アウトで流し込んだジルーの活躍もあり、2−0で勝利し決勝進出を決めた。

 試合後イギリスメディア『BT Sport』のインタビューに応じたジルーは、次のように試合を振り返った。

「僕の2番目に好きなスポーツはスキーだ。そんな感じだったね。エデン(アザール)がとてもいいボールをくれたけど、目の前にはたくさんの選手がいた。だから少しドリブルをしようと思ったんだ。運にも少し救われたね。でも、あのようにチームを助けることを望んでいたし、今日はとても良かったと思うよ」

「僕たちはいい状態にあるからこの調子を維持したいね。FAカップ優勝がどんな感じかは知っているから、チームにはこの大会を楽しんでほしいと伝えていたんだ。ここ(ウェンブリー・スタジアム)でプレーすることはとても好きだよ。僕の庭みたいだ。決勝でもいいプレーをしたいね」

 FAカップ決勝は5月19日に開催予定で、マンチェスター・Uと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA