FOLLOW US

マンC、プレミア初のパス総数1000本超えを記録…支配率でも新記録達成

総数1015本ものパス数を記録したマンチェスター・C [写真]=Getty Images

 今シーズンのプレミアリーグ優勝を決めているマンチェスター・Cが、パス本数でも新記録を樹立した。

 22日に行われたプレミアリーグ第35節ホームでスウォンジーと対戦したマンチェスター・C。試合は12分、スペイン代表MFダビド・シルバのゴールで先制すると、その後ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネや、ブラジル代表FWガブリエル・ジェズスなどが追加点を挙げ、5−0で大勝した。

 快勝を収めた同試合で注目が集まったのはゴール数ではなく、パス本数だった。データサイト『OPTA』によると、この試合でマンチェスター・Cのチーム総パス本数は1015本で、成功数は942本と成功率は92パーセントを記録。プレミアリーグで総パス本数1000本を超えた初めてのチームとなった。

 また、同試合でマンチェスター・Cはボール支配率83パーセントを記録し、これもプレミアリーグ史上最高となった。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA